IPH工法とは?



 

 IPHとは Inside Pressure Hardening (内圧充填接合補強工法)の略で、コンクリート構造物の補修方法の中では便宜上、低圧樹脂注入のジャンルに分類されておりますが、他の注入方法とはその目的が全く異なります。

 

  現在補修工事で多用されている「自動式低圧樹脂注入工法」は、躯体内部に雨水が侵入しないように表面のクラックを塞いでいますが、樹脂がコンクリートの内部構造まで達しないこともあり、強度復元力の弱さがネックとなっていました。

 

  本工法はこの強度復元力を徹底改良したもので、独自開発の「穿孔」、「空気抜き」、「安定的な超低圧」、「低粘性樹脂」により、従来の低圧樹脂注入では不可能とされていた躯体表面から30cm以上(最大実証値170cm)への注入や、0.1mm以下(最小実証値0.01mm)への注入を安定的に実現する事ができます。また、コンクリート構造物の穿孔穴内部から樹脂を放射線状に拡散させることで、末端の微細クラックまで接合補強して躯体を一体化させ、耐力を回復させる事ができます。

 

 本工法の画期的な特長から、鉄筋とコンクリートの付着強度を高めるだけでなく、高い防錆効果も得られる唯一の高密度充填工法として、土木学会の技術評価を得ています。