IPH工法のご案内

(内圧充填接合補強工法)

国土交通省 NETIS 登録  No.CG-070007-V

土木学会技術評価認定(土木学会技術評価認定第0009号)

特許 第5074118号


IPH工法の概要

 劣化・ひび割れしたコンクリート構造物のクラック部分に特殊な樹脂を注入して充填することで、構造物を内部から接合補強し、耐久力を回復させる工法のことです。傷んだコンクリート構造物の「長寿命化」に大きく寄与する技術です。


 

当サイトではIPH工法について紹介しております。

 

左記のタグより各ページにご案内いたしますので、

よろしくお願いいたします。